ESQUISSE

シティーハンター二次創作サイトです。

大人の自由研究 第3弾プラス

いつも辺境サイトにお越しいただきありがとうございます。

 

遅い夏休みを過ごしております。涼しくなってきて、朝晩も過ごしやすくなってきました。

 

サイトのお引越しもコツコツやっておりましたが、『大人の自由研究』も行なっております。

 

 一応、画像があるので折っています。

 

f:id:mashibaxxx:20170904202945j:plain 

f:id:mashibaxxx:20170904203011j:plain

『モーリス ミニ マイナー』(上)『マツダ キャロル』(下)槇村の愛車

こんなの見に行ったり…。

東に行ってみたり…。

 

f:id:mashibaxxx:20170904203325j:plain

f:id:mashibaxxx:20170904203435j:plain

 

SNSやってみえますか〜?』と聞かれて、『してません。』と悲しく答えてみたり(苦笑)

(上のは、あげて大丈夫な場所。)

 

f:id:mashibaxxx:20170904203648j:plain

こんなの食べてみたり。

 

その後、こんなとこ行きました。

f:id:mashibaxxx:20170904203823j:plain

f:id:mashibaxxx:20170904203933j:plain

 

当初の目的は、『ジャンプ展』のみでした。

タイミングがあったので、プラスで『ガラスの仮面展』を見てきましたが…、

プラスの方が人がすごかったです(大汗)

朝、テレビでやったらしいのと、最終日間近というのが大きかったかと…。

 

今回、漫画の展示会をこれで4つ見ましたが感想としては、作品量はどれも多いのですが、

ジャンプとLaLaは作家を限定すると見る点数は少ない。

けれど色々な作品が見ることが出来る良さもあるかもと思いました。客層は広め。

 

北九州とガラスの仮面は、展示数の多さと、展開のうまさ。

ガラスの仮面もキャラごとのコーナーや、舞台ごとのコーナー、白目ばっか集めたとか(笑)

しかも、内装もかなり凝っていて『お金がかかっている』感がすごかった。物販も、面白かった。

コラボカフェは満員で入らず。

 

お客様の量も多く、熱気と人だかりで作品が近くで見ることがなかなか出来なかったのは、『ガラスの仮面展』だけでした。息の長い作品だからこそかもしれません。

 

『ジャンプ展』は、朝早く行ったのもあり、北九州ぐらいで見やすかったです。

入っていきなり、CHでびっくり。

戻れないこともあり結構長い時間いたのですが(苦笑)

係りの方がウロウロ近寄ってくるので、もっと長居をしたかったのですがなかなか出来ず。

前期展示の生原稿も見たかったなあと、重い図録を見て思いました。

複製原画の元の、カラー原画もガン見。

もちろん、ガラス越しのキスシーンも。

でも、何より食い入るように見たのが、『パートカラー』の海ちゃんとの決闘開始のシーン

『完全版 25巻 78頁』

先生のパートカラーの綺麗さに、北九州でも見惚れていたのですが、生で見たときの柔らかさや繊細さがモノクロもカラーもこんなにすごいのだなと実感したのでした。

そして、獠がかっこいい。(←あれ?サエバスキー?)

キャッツアイの時の原稿と比べると、CH、特に後期は修正が本当に少なく、線画も繊細。

 

『ジャンプ展』も、展示の仕方に、お金がかかっているなあと。

途中、モーションコミック(?)が見ることが出来るのですが、作品ごとの力の入れ方に差を感じたのは私だけでしょうか?

色々なところに、大人の事情をなんとなく感じる。(笑)

  

物販も、戻れないので吟味して買っていたのですが、5万の複製原画だけ迷いまして…。(←買うの?)

絵柄がちょっととかあるけど、何より、もうこういう機会はないかもと思ったわけですが、如何せんサイズがでかい…。(眠るの前提とはいえ、仕舞うとこない…汗)

美内先生のところも複製原画ありましたが、サイズ半分でサイン入りでお値段半分。これぐらいなら即決なのに…。

見開き表紙の原画じゃなくていいから…タオルの絵柄になってるやつとか(北九州に原画あった)、あのくらいのサイズなら飾れるのに…。

ということで、次回に持ち越しました。(←だから、買うの??)

 

美内先生も、初期から現在を比べると、どんどん線が繊細になり修正も少なくなり、綺麗でした。

しかも、点描とか集中線とかベタフラッシュが全部手書きで綺麗(当たり前だけど)

デジタルもスクリーントーンもあまりない頃からの作品でこのクオリティ、カラーも独特ですが素晴らしかった。

 

一気にたくさんの作品を見たので、かなり疲れましたが、行ってよかったなあと思いました。

 

今年はオタ活が盛んで、舞台も映画も、美術館も全然行けていない(苦笑)

でも、きっと今年だけだからと、自分に言い聞かせております。