ESQUISSE

シティーハンター二次創作サイトです。

雑記とお知らせ

いつも、辺境サイトにお越し頂きありがとうございます。

 

今年は、なかなか咲かなかった桜が、気候の変化で一気に咲き乱れこの数日で満開になっております。

けれど、雨に濡れているので、ちょっと物悲しさを醸しているように感じております。

 

お知らせ、というか、すでにご覧になってみえる方もいらっしゃるかと思いますが、

azuさんのサイト『a time trip』にて、新連載が始まりましたが、そちらに私の描いた拙いイラストを挿絵として使っていただいております。(照)

 

戯言に二次創作今昔としてこぼした自分の文にイラストを描いた・・というか、イラストを描きたくなって文をつけた・・妄想のものですが、azuさんに気に入っていただけて、浮かんだお話の挿絵にとお話をいただきました。

色々な創作小説を読ませていただいて、絵が浮かぶこともあるのですが、なかなか絵にすることは難しく、自分の描いた絵(といっても、人の褌で相撲を取った絵 笑)でお話が浮かんだり膨らんだりして何かを描いていただけるのは本当に嬉しいです。

漫画で細かい作り込みってページが相当いる作業な気がします。長く描けないから、私のは浅い浅い(言い訳)

小説書かれる方々の表現力、作り込み力、いつもすごいなあと思いながら読んでいます。

 

 

隙間として考えるには獠の過去はとても興味深いです。そこへの考えや妄想は本当にファンの方々ごと、十人十色のものがあり、面白いです。

例えば妄想する本人が、似た経験をしていても、その人がどう反応しどう行動するかはやはりその人個人のパーソナルな部分が影響すると思っているので、決めつけてしまうのはちょっと違うなと思いますし、そうかもね〜ぐらいが、二次創作の醍醐味だと思っています。

だから、色んなお話があっていいと思います。

私としては、大人になった獠が香ちゃんへの思いに対して蓋して曖昧にしていた部分がありつつも、あそこまで思慮深く優しい男になったので、辛いことばかりではなかったんだと思いたいなあと。妄想いたします。

まあ、時代背景、原作者が男性であること等で色々な感覚の差はあると思います(笑)

でもひっくるめて原作愛に満ちているからこそということで。

 

話がだいぶ逸れましたが、azuさんテイストのお話を楽しみ読ませていただこうと思います。

 

長いので、たたみます。

 

 

3月はCHイベント月間(笑)ながら、仕事の忙しさと、別作業をしており、ほぼ何もしませんでした。

何していたかって、『自分萌え』作業をしていたわけで、

やっと手元に届きました。

 

f:id:mashibaxxx:20170408124825j:plain

 

う、薄い本(というの?)完成。

(絵があるのは裏。表は一見同人に見えないように(?)車のパンフレットとかそんな感じでタイトル文字のみにしてみた。)

 

というか、WEB再録本です。再燃の記念にね。

自サイトで公開中の漫画4編とSS1編を加筆修正。あと描き下ろし1編(←なぜ?)

私の使っているお絵かきソフトは『メディバン』。

漫画も描けるソフトですが、そこが1冊から本を作ってくれるので、それで作ってみました。オンデマンド印刷。時代は変わったなあ。

行き当たりばったりというか、その都度使い方を覚えたり、面倒だったりで、描き方が同じじゃない4編の漫画。でも、線もトーンも綺麗に出てました。謎の汚れがあったけど(笑)デジタルではわからなかった。

小説は、Wordで二段組まで加工して PDFデータにしたものを、そこから保存形式を変えて、メディバンに貼り付けています。文字がボケるかなあと思ったけど大丈夫だった。

 

編集作業が楽しかったです。本作るのが楽しい。懐かしい。

ただ、如何せんデジタルは初心者なので、ノンブルの位置とか文字位置とか若干わからず、切れてたり。そういうのも本にするとわかってよかったです。

完全昔風にしようかとも思いましたが、辞めました、フリートークとか。後で読み返すと恥ずかしいから。(笑)何よりページ数が結構いってしまいまして余力がなかった。

見事におんなじような話ばっかり(汗)絵を残したいと思えばいいかと、自分を慰める。

紙質は若干薄いかなという印象です。だから、表紙がソリやすい。

でも、色は思ったより綺麗でした。というか、パソコンの画面で見るのと印刷物は色の構成が違うわけで同じにするのは難しいのはわかっていたので、どう出るのか興味がありました。でも、やっぱり現代の技術はすごいなあと思います。

 

構成して、改めて見てみると、夏〜春に季節がうまく流れておりました。まあ、描いた時基準だとそうなるよね。しかも、奥多摩後設定だから基本イチャイチャしている。いや、それしかない(泣)

 

奥多摩後のくせに、R18に踏み込まない。踏み込めない。自分です。

某所での自分の作品の評価とかブックマークを見ていても、こっちの評価が良くて、こっちがそうではない理由が何故?と思うと、やっぱり『肌色』の量なのかなあとか、思ったり。

浮かばない・・・ですな。正直。ハグとかキスとかハグとかキスとかは浮かびますが・・・。

読むと『ほほう〜。』(笑)となるんですけどね。(←?)

 

 

ということで、戯言を、長々ここまでお読みいただきありがとうございました。

最近、かなりROMに戻ってきております。

今まで以上に亀更新になる予感ですが、そんな感じでもよろしければ、お付き合いください。