ESQUISSE

シティーハンター二次創作サイトです。

AHについてのつぶやき

タイトル通りですので、AHがダメな方は、

Uターンをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

最近、コミックスになってから読むよりゼノンで読むことがちょっと増えていたので、

ちょっと、思ったことを。

あらすじに触れないでふわりと書くのでちょっと意味不明かもしれません。

 

なんで、こんなこと書こうと思ったって、先回のエピソードと今回の新章を読んだからで・・・。

 

もうね、別物として読んでいるのでと割り切っていますよ。

撩のような形で大事な人を亡くしたことがないので、大事な人を亡くした後、自分がどうだったかはわかりますけど、あの話のような心境になるかはわからない。

いいのです。漫画なんです。

 

新章につなぐ為の話だったのかな?とは思いますが。

 

新章は、シャンインが20歳になります。

(ゼノンのサイトでこの部分は出ているので大丈夫かと思いますが。)

今まで時間を止めていて、いつでも連載終われますと話していた先生。

なぜ、時間を進めたのでしょう?

そして色々一気に伏線を張ってきた気がする・・・。

(書けませんけど。)

 

もっと続く為の新章なのか、連載が終わりに向けての新章なのか・・・。

(勝手なこと言ってすみません。そう感じました。)

 

AHは家族愛の話ですが、シャンインの成長物語である・・、と思うのですが、

成長するのにどうしても『死/別れ』を基準にお話が進んでいて、

どうして『出会い』で成長する方にしてくれないのかな?とちょっと思います。

あとは、やっぱり撩がCHでできなかったことを先生はさせている??ような気もします。

 

お話は普通に読むとして、久々にちょっと良いかもと思ったのが、『絵柄』。

もうCHの頃の絵とは違うのですが、でも、今月は信宏がカッコよく見えたり、

李大人や先回のドクなど、老人の表情がかなり柔らかくて、撩の顔も今の絵としてかっこいいなと思うコマがあったりした。私的にですが。ちょっと嬉しかった。

 

9月に最新刊が出るようなので、もちろん買いますけど、やっぱりCHが読みたいなあ。